正しいビジネスバッグの選び方

正しいメンズの革鞄の選び方

メンズの革鞄は男性ならば一度は必ず購入する機会が訪れるものです。特に取引先を回る部署に配属された人はビジネスバッグとして革鞄は必需品になります。高級なものですから選ぶ際のポイントを押さえておいて、失敗しないようにしましょう。

自立するものを選ぼう

まず、メンズの革鞄、特にビジネスバッグとして使用することになる革鞄を選ぶ際にチェックしなけらば行けないことの一つ目はジリるするかどうかです。
自分用のバッグであればあまり気にする事ではないですが、ビジネスシーンだと鞄を地面に置くという機会は数多く訪れます。例えば名刺交換の時は鞄を地面に置くことになります、そんな時に鞄が倒れてしまったら気を使ってしまいます。
ですからビジネス用で革鞄を選ぶ際にはある程度「マチ」があるものを選ぶようにしましょう。「マチ」がしっかりしているものであれば床に置いたときに倒れることもまずありませんし、型崩れの心配がないため長持ちもします。
ビジネスバッグは毎日のように使うものですから、丈夫なものを選ぶようにしましょう。

普段何を持ち歩くか

次にビジネスバッグとして革鞄のメンズ用を選ぶ際に気を付けなければいけないことは、鞄に常に入れることになるものは何なのかをよく考えるということです。
同じ会社であっても業務によって常に持ち歩くものが全く違ってきます。普段持ち歩くものが何かを考えたときにまずは大きく二つの選択肢があります。それはパソコンか書類かという二つの選択肢です。
もし、普段パソコンを持ち歩く機会が多いという人であればパソコンを入れることができるPCケースが真っ先に候補として挙げられます。
逆に普段は書類を持ち歩くことが多いという人であればビジネスシーンでよく使われるA4サイズの用紙が入るブリーフケースが一番の候補となるでしょう。このように持ち歩くもので考えると自然と選択肢は絞られてきます。

移動手段から考える

ビジネスシーンで使うメンズの革鞄を購入する際には、普段の移動手段が何であるかを考えるのも使い勝手がよい鞄を購入することができる一つの選び方です。
例えば外回りが多い人にも徒歩での移動が多い人と車での移動が多い人、電車での移動が多い人で選ぶべき鞄の取水が変わってきます。
徒歩での移動が多い人ならば鞄は自分で持ち歩くことになるので軽いかどうかはかなり重要になります。いろいろな鞄を実際に持ってみましょう。
車での移動が多い人は鞄の重さはそれほどこだわる必要はないですが、軽いに越したことはありません。ちなみに1キロ以内の鞄であれば長時間の持ち歩きも苦にはならないでしょう。
電車での移動が多い人は床に置く機会も多いのでそこが汚れにくい底鋲月のものがおすすめです。