メンズの革鞄のメンテナンス方法

メンテナンス方法で長持ちメンズ革鞄

メンズの革鞄は男性であれば一度は自分で持ってみたいと思う革製品ですし、一度は必ず持つ機会があるものです。
ところがそのメンテナンスについては意外と知られていないものです。
革鞄のメンテナンス方法をしっかり覚えておきましょう。

ファーストケアを忘れずに

メンズの革鞄は、スーツスタイルの際にはビジネスのパートナーとして必需品ですし、カジュアルなコーディネートの時にも革鞄を持っているだけでどこかスタイリッシュな雰囲気に見せてくれる万能なアイテムです。
革製品はメンテナンスをきっちりとしてあげることによって何もしないときよりも長持ちしますし、そのバッグに対する愛着もわいてきます。
革鞄は安い買い物ではありませんから、少しでも長持ちさせたいと誰しも思うものです。
革鞄のメンテナンスでとても大事なのが実はファーストケア、つまり購入してすぐのメンテナンスです。
購入してから手元に届くまでの間、鞄は商品ケースに陳列されています。そのため通常の状態よりも乾燥していることが多いので、クリームを塗って革の油分補給を行ってください。

クリームと防水スプレー

メンズの革鞄をメンテナンスする際にクリームはこれからもちょくちょく使うことになるので、ある程度量が入っているものを購入しておきましょう。クリームを塗って油分の膜を張っておくことで革表面の保護になります。
また、クリームはブラウンや黒色など購入した鞄と同じ色のものが売っていたとしても、透明のクリームを購入した方が良いです。
鞄は服とすれやすいため、色付きのクリームを塗ると服に色移りする恐れがあるからです。
そして、突然の雨で塗れてしまったり革製品でも特に表面の面積が広いので湿気の影響を大きく受けるアイテムです。
ですから、定期的に防水スプレーも鞄に吹き付けるようにしましょう。そうすることで湿気から守ってくれます。

ブラッシングは手垢を意識して

メンズの革鞄の毎日のメンテナンスにおいてブラッシングもとても重要です。ブラッシングは特に念入りにする必要はなく、やわらかい布で乾拭きしてあげるだけで十分なのですが、乾拭きする際は手垢の汚れを落とすことを意識しておこなうようにしましょう。
手垢が最もつきやすい部分は言うまでもなく鞄の持ち手の部分ですよね。また、ハンドルやジッパーなどの開閉部分も手垢がつきやすいです。鞄のブラッシングは本体部分はしっかりする人も多いのですが、こういった手に触れる部分は案外おろそかになりがちです。ブラッシングをする際に手垢がつく部分を意識的に拭くように心がけておけば、こういった手に触れる部分を拭き忘れるということはとても少なくなります。