メンズの革鞄の形状

形状で見るメンズ革鞄

メンズの革鞄といえば大人の男性にとっては憧れのアイテムの一つですし、購入すれば愛着がわいて何年も使用することになるものです。
一口にメンズの革鞄といってもどんなものを選べばよいかわからないという人にその形状について細かく解説します。

ブリーフケース

メンズの革鞄といえば、以前はスーツでの営業回りなど、ビジネスシーンでのみ持ち歩くものだというイメージが強かったのですが、ここ数年のファッションの多様化によってビジネスシーンだけではなくオフシーズン、つまり休日にも革鞄を持ち歩くということが珍しくなくなってきました。
メンズスタイルの多様化とともにその形状も様々なものが出ています。形状を知ることで自分が本当に必要な革鞄はどんなタイプかわかるようになります。
一つ目はブリーフケースと呼ばれる形状です。これはビジネスバックと聞いて多くの人がイメージする定番中の定番の形状です。基本的にビジネスシーンを想定されて作られているため、サイズとしてはA4サイズの用紙が入る大きさのものが多いです。

2WAY、3WAYタイプ

次に紹介するメンズの革鞄の形状は2WAY、3WAYタイプのものです。これは先ほど書いたブリーフケースをベースとした形状となっていますが、専用のベルトは付属されているので、そのベルトを鞄に付けて肩にかければショルダータイプにもなりますし、さらに背中に背負えるリュックタイプになるものも最近では数多く出回っています。リュックタイプのものが何故最近数多く出回ってきているのかというと昨今の自転車ブームによってスーツを着ているビジネスマンの中にも自転車で会社まで通勤する人が増えてきていることがあるようです。
ナイロン製のこういったタイプのものはビジネスシーンにはふさわしくありませんが、革製であればビジネスシーンでも十分使用が可能です。

トートバッグ

最後に紹介するメンズの革鞄の形状はトートバッグです。こちらも2WAY、3WAYのは鞄とともにここ最近ビジネスシーンでも人気があるメンズの革鞄の形状の一つです。レザー製のものであればナイロン製や布製のようなカジュアル感はほとんど感じられないのでビジネスのシーンでもしっかりと活躍してくれます。そして比較的新しく登場した鞄の形状であることもあって、どんなトートバッグも機能面でとても優れているものが多いです。また、ブリーフケースのようにフォーマルなイメージもないので、ブリーフケースのものと比べるとカジュアルな服装でも違和感なくマッチしやすいので使い勝手も良いですし、程よくシックさも演出してくれる万能選手です。

GANZO(ガンゾ)の商品は素材選びからこだわり抜いたものを使用しております。 スマートフォンやタブレットケースも取り扱っております。 GANZO(ガンゾ)では本物を追求したメンズ革製品を取り揃えています。 良質なヌメ革を使ったメンズ革製品をお探しの方はこちらへ。 世界でひとつのジャパン・メイドをあなたも使ってみませんか? 究極のこだわりのシステムにより完成したメンズ革製品をあなたの手に。 メンズの革鞄も流行に合わせて購入しよう